Lui NECがおすすめするWindows 7.

事前のご確認事項

PCリモーターをお使いになるための環境について

  • PCリモーター(LaVie Light LuiモデルまたはLui RN)を宅外でご利用になるには、サーバPC(VALUESTAR RまたはPCリモーターサーバボードを挿入したパソコン)をインターネットに接続するためにインターネットサービスプロバイダとの契約が必要です。また、ご利用にあたっては、上り速度約1Mbps以上(実効速度)のブロードバンド回線が必要になります。快適にご利用になるには光回線(FTTH)をお勧めします。回線速度については、ご利用になるインターネットサービスプロバイダにご確認ください。
  • PCリモーターを宅外でご利用になる場合、ご自宅でお使いのルータにグローバルIPアドレス(動的IPアドレスもしくは固定IPアドレス)が割り当てられている必要があります。グローバルIPアドレスが割り当てられているかどうかは、ご契約のインターネットサービスプロバイダにご確認ください。
  • PCリモーターをご利用になる場合、UPnP対応のルータが必要です。お使いのルータがUPnPに対応しているかどうかは、お使いのルータのマニュアルをご覧になるか、メーカ、レンタル元にお問い合わせください。
  • 宅内で複数のルータを接続してご利用の場合はリモートスクリーン接続およびリモートデスクトップ接続をご利用になることができない場合があります。
  • サーバPC本体とPCリモーターサーバボード共に有線LANでルータに接続する必要があるため、LANケーブルが2本必要になります。
  • PCリモーターを外出先でご利用になる場合、PCリモーターを使用する場所でインターネットに接続できる環境が必要です。1Mbps以上(実効速度)の回線速度が得られる環境が必要となります。
  • PCリモーターを宅外でご利用になる場合、サーバPCとの接続のためにメールアカウント(SMTPとPOP3で送受信可能なメールアドレス)が必要になります。Webメールや広告が挿入されるフリーメールなどではご利用になれません。また、お使いのプロバイダのメールが迷惑メール送信規制(OP25B)に対応している必要があります。詳細はお使いのメールサービスを提供しているプロバイダにご確認ください。
  • グローバルIPアドレスの割り当て有無や、お使いのルータがUPnPに対応しているかなど、PCリモータが宅外からご利用になれる環境かどうかをチェックする「PCオンデマンド環境チェックプログラム」を、Luiホームページ(http://121ware.com/lui/)にて公開しておりますので、こちらをご利用ください。
  • PCリモーターサーバソフトは、サーバPCのCドライブにOSがある状態で、Cドライブにインストールする必要があります。

PCリモーター機能のご利用について

PCリモーターとサーバPC
  • PCリモーター機能をご利用になる際には、あらかじめサーバPCと同じルータに接続して初期設定をする必要があります。
  • PCリモーターからサーバPCへ接続している間、サーバPCの画面はディスプレイに出力されません。
  • 1台のPCリモーターがサーバPCに接続している間は、他のPCリモーターから接続できません。
  • サーバPCのBD/DVD/CDドライブにDVDディスクが挿入されている場合、PCリモーターからサーバPCに接続することができません。
    ホームサーバPCのドライブにディスクが入っているとPCリモーターの接続はできません
  • 地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送の録画番組や、ブルーレイディスク、DVDメディアなどに記録されているコンテンツは、PCリモーターで視聴できません。
  • PCリモーターから、リモートスクリーン接続する場合、サーバPCの画面解像度を自動的にWXGA(1280×768ドット)もしくはXGA(1024×768ドット)へ切り替えてから接続します。このため、サーバPCの解像度がWXGAやXGA以外の場合、リモートスクリーン接続前後で画面レイアウトが変わる場合があります。
  • マウスやキーボードの自動入力をガードする機構が組み込まれているソフトウェア(オンラインゲームなど)は動作しない場合があります。
  • PCリモーター機能は、ご利用になるネットワークの環境によって操作反応の遅延が起きます。ゲームなど、操作に即応性が求められるアプリケーションのご利用には向かない場合があります。
  • PCリモーターで動画を視聴する場合、ネットワーク回線の状況によっては音が途切れたり映像がコマ落ちすることがあります。
  • 回線速度設定が低い速度の設定の場合は、画像を高圧縮するため、細かい文字が多い画面を閲覧する際は文字がつぶれて見づらくなる場合があります。
  • お使いの回線によっては、一定時間以上の接続を続けると通信が切断されることがあります。
  • サーバPC上で仮想DVD/CDソフトがインストールされているとPCリモーターから接続できない場合があります。
  • サーバPC上でWebサーバソフトウェア(Apache、IISなど)をご使用されていると、外出先のネットワーク環境によってはPCリモーターから接続できない場合があります。また、その他のソフトウェアについても、ご使用されているとPCリモーターから正しく接続できない場合があります。
  • PCリモーターから接続中にモニタの解像度を変更すると接続が切断されることがありますので、解像度を変更するソフトウェアはご使用にならないでください。
  • BD/DVD/CDドライブを操作するソフトを使用すると、PCリモーターからサーバPCへ接続できなかったり、接続が切断される場合があります。
  • PCリモーターで接続している間はユーザの切り替え機能はご利用になれません。また、リモートスクリーン接続を行うとあらかじめ設定されたユーザで自動的にログオンを行います。あらかじめ設定されたユーザ以外がログオンしている場合は、リモートスクリーン接続することができません。
  • ドメイン環境には未対応です。
  • リモートデスクトップ接続をご利用になる場合は、マイク機能は使用できません。
  • リモートデスクトップ接続をご利用になる場合、アプリケーションによっては正常に動作しない場合があります。

LaVie Light Luiモデル利用時の注意事項

  • PCリモーター機能(サーバPCの遠隔操作)は大量のデータ通信を行います。データ通信カードなどのモバイル通信でPCリモーター機能をご利用になる場合は、定額制の料金プランへのご加入を強くお奨めします。また、モバイル通信の通信キャリアによっては、大量のデータ通信や長時間接続を行うと通信が遅くなったり中断されるなどの制約があり、リモートスクリーン接続が切断され、PCリモーター機能のご利用が中断される場合があります。
  • ホームサーバPC(LU-SX7001G、LU-SX5001G)は、PCリモーターサーバとして利用できません。

Lui RN利用時の注意事項

  • Lui RN単体では、パソコン機能をご利用になれません。
  • USBポートは、対応するUSBメモリ、USBマウス、モバイルWiMAXアダプタ以外の周辺機器は接続できません。また、USBハブを接続してUSB機器を接続することはできません。CFカードスロットはCFメモリカードと対応するHSDPA通信カード以外の周辺機器はご利用になれません。SDカードスロットは、SDHCメモリーカードおよびマルチメディアカードはご利用できません。またSDIOカードや著作権保護機能には対応していません。
  • Lui RNは、複数のサーバPCを登録して接続することはできません。

PCリモーターを利用する場合のサーバ環境について

PCオンデマンド環境チェックプログラム

PCリモーターを利用する場合、サーバPCの環境は以下の条件に該当するかご確認ください。

  • プロキシを経由せずに外部のインターネットに接続可能なこと。
  • 宅内から宅外へ、および宅外から宅内へメールを送信/受信ができるメールサーバを利用していること。
  • サーバ側のルータは「UPnP」機能に対応していること。
  • サーバPCでWebサーバソフト(Apache、IISなど)をご使用の場合、PCリモーターサーバソフトか、WebサーバソフトのTCPのポート番号を変更する必要があります。この変更により、外出先のネットワーク環境でPCリモーターから接続できない場合、Webサーバソフトのポート番号の変更、またはアンインストールが必要となる場合があります。
  • 利用するTCPの通信ポートが、443番ポートと80番ポート以外の場合は、PCリモーターからの接続に制限が発生する場合があります。
  • PCリモーターを外出先でご利用になる場合、お使いのプロバイダのメールが迷惑メール送信規制(OP25B)に対応している必要があります。詳細はお使いのメールサービスを提供しているプロバイダにご確認ください。
  • リモートスクリーン方式利用時には、画面モードのリフレッシュレート60Hz(59Hz)、色数32bit、ノンインタレース以外になっていると、接続できません。
  • マルチディスプレイはサポートしていません。
  • ドメイン環境で使用しているPCでは、PCリモーターはご利用いただけません。
  • PCリモーターサーバソフトは、サーバPCのCドライブにOSがある状態で、Cドライブにインストールする必要があります。

PCリモーターのリモートデスクトップ方式利用について

  • 画面転送方式にリモートデスクトップ方式を利用する場合、接続先のサーバPCのOSとして、Windows® 7 Professional、Windows® 7 Ultimate、Windows Vista® Ultimate、Windows Vista® BusinessまたはWindows® XP Professionalが必要です。
  • リモートデスクトップ方式を使用する場合でも、サーバPCとしては「VALUESTAR R」もしくは「PCリモーターサーバボードを挿入したパソコン」が必要になります。
  • リモートデスクトップ方式で接続時、アプリケーションによっては正常に動作しない場合があります。
  • リモートデスクトップ方式で接続時、動画や音楽の再生が正常にできない場合があります。
  • リモートデスクトップ方式ではマイク機能は使用できません。
このページの上に戻る