NECがおすすめするWindows.

■ワイヤレスLAN仕様一覧

※注釈は表中の赤文字数字をクリックしてご覧ください。

対応機種 LaVie L LaVie S LaVie とことんサポートPC
LL770/JS
LL750/JSシリーズ
LS550/JSシリーズ
LS550/J2シリーズ
LS450/JSシリーズ
LS170/JSシリーズ
LS150/JSシリーズ
LS200/JS
名称 高速11n対応ワイヤレスLAN
規格 *1 IEEE802.11b/g/n準拠/IEEE802.11a/n準拠
Wi-Fi Direct™準拠
周波数帯域
(チャンネル・バンド)
2.4GHz帯(1〜13ch)/5GHz帯(W52/W53/W56) *2
通信速度 *3 送信 最大300Mbps
受信 最大300Mbps
セキュリティ *4 WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(AES)、WEP(64/128bit)
機能 インテル® WiDi *6
対応機種 LaVie M LaVie Z LaVie X LaVie E LaVie Y
LM750/JSシリーズ
LM550/JSシリーズ
LZ750/JS
LZ550/JS
LX850/JS LE150/J2
LE150/J1
LY750/JW
名称 高速11n対応ワイヤレスLAN 11nテクノロジー対応ワイヤレスLAN
規格 *1 IEEE802.11b/g/n準拠/IEEE802.11a/n準拠 IEEE802.11b/g/n準拠
Wi-Fi Direct™準拠 Wi-Fi Direct™準拠
周波数帯域
(チャンネル・バンド)
2.4GHz帯(1〜13ch)/5GHz帯(W52/W53/W56) *2 2.4GHz(1〜13ch)
通信速度 *3 送信 最大300Mbps 最大150Mbps 最大65Mbps
受信 最大300Mbps 最大150Mbps 最大65Mbps
セキュリティ *4 WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(AES)、WEP(64/128bit)
機能 インテル® WiDi *5
  1. *1同じ規格同士でのみ通信が可能です。Wi-Fi Direct™対応機器をご利用の際は、必ずご購入前に接続の可否と対応機能をご確認ください。
  2. *2W52/W53ワイヤレスLANの使用は、電波法令により屋内に限定されます。
    W52/W53/W56は一般社団法人 電子情報技術産業協会による表記です。詳細に関しては、ホームページ (「5GHz帯無線LANの周波数変更」に関するガイドライン) をご覧ください。
  3. *3実際のデータ転送速度を示すものではありません。接続対象機器、電波環境、周囲の障害物、設置環境、使用状況、ご使用のアプリケーションソフトウェア、OSなどによっても通信速度、通信距離に影響する場合があります。接続先の11nワイヤレスLAN機器の仕様により、接続時の速度が異なります。
  4. *4WPA-PSK(TKIP)とWEPはIEEE802.11a/b/g時のみ対応可能です。WEPでユーザーが設定可能な鍵長は、それぞれ40/104bitです。
  5. *5インテル® WiDi(ワイヤレス・ディスプレイ)[最大解像度:1920×1080(30fps)(画面表示を複製して表示中は設定できる解像度が限定される場合があります)]に対応しています。
    インテル® WiDiを使用するには、インテル® WiDi対応アダプタを別途購入する必要があります。(接続可能なディスプレイはインテル® WiDi対応アダプタの仕様をご確認ください。インテル® WiDi対応アダプタを初回接続時にファームウェアのアップデート対応が必要な場合があります。インテル® WiDiアダプタのアナログ出力を使用する場合は、HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)規格に対応したブルーレイ(BD)やAVCREC(DVD)などの視聴はできません(パソコンの画面を含む))
    SmartVision/ホームネットワークプレーヤーの一部機能を同時に使用することはできません。
    インテル® WiDiの映像、音声出力は、パソコンの画面、スピーカで再生する場合に比べ0.3秒程度の遅延があります。インテル® WiDi使用中の音声はインテル® WiDi側でのみ再生可能です。
    再生する動画コンテンツ[特に高画質1280×720(30fps)以上]によっては、パソコンの画面、スピーカーで再生する場合に比べ品質の低下(動画のカクツキ・コマ飛びや音飛び)がみられる場合があります。特にブルーレイ(BD)の映像再生負荷が高いものは、画像が乱れたり音声が途切れたりします。
    3D対応ディスプレイ(TV)を接続しても3D映像を表示することはできません。
    インテル® WiDiで接続したディスプレイを含めて同時に出力できるのは3画面までです。

■Bluetooth®仕様一覧

※注釈は表中の赤文字数字をクリックしてご覧ください。

対応機種 LaVie M LaVie Z LaVie X LaVie Y
LM750/JSシリーズ
LM550/JSシリーズ
LZ750/JS
LZ550/JS
LX850/JS LY750/JW
モデル名称 Bluetooth® テクノロジー本体内蔵(Ver.4.0 + HS準拠) Bluetooth® テクノロジー本体内蔵(Ver.4.0 + LE)
準拠規格 *1 Bluetooth® Core Specification-Ver. 4.0準拠
・High Speed(HS)規格対応・Bluetooth® Smart デバイス対応
Bluetooth® Core Specification-Ver. 4.0準拠
・Low Energy・Bluetooth® Smart Ready
周波数帯域 2.4GHz帯域 (2.4〜2.4835GHz)
変調方式 周波数ホッピングスペクトラム拡散(FH-SS)方式
通信速度 *2 最大3Mbps
(High Speed時:最大24Mbps)
最大3Mbps*5
送信出力 Power Class2 *3
プロファイル *4 SPP(Serial Port Profile):(Client/Server)
DUN(Dial-up Networking Profile):(Data Terminal)
FAX(Fax Profile):(Gateway)
SYN(Synchronization Profile):(Client/Server)
OPP(Object Push Profile):(Client/Server)
PAN(Personal Area Network Profile):(PAN User)
FTP(File Transfer Profile):(Client/Server)
BIP(Basic Imaging Profile):(Responder/Initiator)
HID(Human Interface Device Profile):(Host)
HCRP(Hardcopy Cable Replacement Profile):(Server)
HFP(Hands Free Profile):(Audio Gateway/Hands-Free)
A2DP(Advanced Audio Distribution Profile):(Source/Sink)
AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile):(Target/Controller)
HOGP(HID over GATT Profile):(Report Host)
PBAP(Phone Book Access Profile):(PCE)
  1. *1Bluetooth®機能はBluetooth® Ver.1.1/1.2/2.0/2.1/3.0/4.0(Bluetooth® Smart Device機器)規格との互換がありますが、すべてのBluetooth®機器に対して動作を保証するものではありません。(Ver.1.0b とは互換がありません。)
    接続先のBluetooth®機器も同じ機能に対応している必要がありますので、必ずご購入前に接続の可否と対応機能をご確認ください。
  2. *2通信速度はEDR(Enhanced Data Rate)およびHS(High Speed)対応機器同士の規格による速度(規格値)です。接続対象機器、電波環境、周囲の障害物、設置環境、使用状況、ご使用のアプリケーション、ソフトウェア、OS などによっても通信速度、通信距離に影響する場合があります。ワイヤレスLAN機能を同時に使用する場合は、接続機器の動作および通信速度に影響が出る場合があります。(ワイヤレスLAN機能とHighSpeed通信は同時に使えません。)
  3. *3規格上の電波出力クラスです。通信距離は見通し約10mで使用してください。(10m以内でもデータ通信タイミングを必要とする音楽データ通信等は音飛びが発生する場合があります)。
  4. *4同じプロファイルかつ機能に対応した機器が利用できます。機器によっては詳細仕様が異なるためすべての機能が利用できない場合があります。
  5. *5通信速度はEDR(Enhanced Data Rate)対応機器同士の規格による速度(規格値)です。接続対象機器、電波環境、周囲の障害物、設置環境、使用状況、ご使用のアプリ、OSなどによっても通信速度、通信距離に影響する場合があります。ワイヤレスLAN機能を同時に使用する場合は、接続機器の動作および通信速度に影響が出る場合があります。
このページの上に戻る